交通事故・むち打ち・スポーツ外傷

交通事故後のさまざまな症状でお困りではありませんか?

交通事故の後……

  • 首が痛く、仕事・勉強に集中できない
  • 動機や息切れを感じる
  • 椅子から立ち上がったとき、立ちくらみがする
  • 突然めまいを感じることがある
  • 膝が痛くて階段の上り下りがつらい
  • 睡眠を取っても疲れが取れない

このような症状でお困りではありませんか?むち打ち症などの交通事故の後遺症は、事故から数年後に出てくることもあります。当院ではこれらの症状に対して治療のお手伝いをしているほか、交通事故における示談交渉のサポートも行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

交通事故にあったとき、どう治療する?

交通事故にあったとき、どう治療する?
まずは病院で精密検査!
そのあと整骨院でじっくり治療!

もし不運にも交通事故にあってしまったら、まずは病院に行ってきちんと検査を受けましょう。「骨の異常はないか」「内臓は大丈夫か」といった点を、レントゲンなどでしっかり診てもらうことが大切です。ただし、病院の検査で「異常なし」と診断されたり、病院での治療が終わったりしたあとでも、頭痛やめまい、首・肩の痛みといった症状を覚えることがあります。

このような頭痛やめまい、痛みといった症状は、多くの場合「むち打ち症(頸椎捻挫)」。靱帯や筋肉などに損傷がある状態で、レントゲンなどでは確認できない状態です。この場合、病院での治療法は湿布や痛み止めなど対症療法的なもので、改善させるのは非常に困難と言われています。

そこで、整骨院の出番です。整骨院では、そういった痛み・違和感を専門的に治療。施術でじっくりと靱帯や筋肉、骨に働きかけ、症状の改善を目指していきます。病院では治しきれない事故後の痛み・違和感についてお悩みの方は、文京区後楽園駅の三上整骨院までご相談ください。当院は各種保険(国民健康保険、社会保険、共済組合などの保険)に対応し、交通事故による自賠責保険や生命保険なども適用可能です。

交通事故での示談交渉について

「示談」とは、裁判を行わず加害者・被害者の当事者同士で話し合って解決していくことです。交通事故の損害賠償請求は9割以上が示談で決まっており、被害者はその金額で納得すればそれ以上の請求はしないという取り決めがなされます。

最近は被害者と保険会社が示談交渉するのが一般的ですが、保険会社の提示している賠償額が適切なものであるか、知識のない方が適切に判断するのは困難です。三上整骨院は、事故後の治療はもとより「事故後の対応をどうしたらいいのか分からない」といったご相談も承っています。示談交渉についても適切にサポートいたしますので、よく分からないまま示談に応じてしまう前に一度当院までご相談ください。

スポーツでの捻挫や脱臼などもお任せください

運動中に負ってしまったケガ……

  • 打撲・捻挫
  • 肉離れ・腱断裂
  • 骨折・脱臼
  • 靱帯損傷
  • 疲労骨折

保険治療いたしております!
※骨折・脱臼の治療は医師の同意が必要です

このようなスポーツ外傷(スポーツシーンでのケガ)も、整骨院では治療を行っています。骨折後のリハビリについても請け負っておりますので、お気軽にご相談ください。

料金

初診1,000円~(税込)

スポーツ外傷は「RICE処置」で手早く処置しましょう

打撲や捻挫などをしてしまったときは、現場での応急処置が大切。「RICE処置」と言われる基本的な処置法を心がけることで、治癒スピードを速めることが可能です。

Rest(安静) ケガは、した直後から修復作業が始まります。安静にしていないとスムーズに修復できず、完治までの時間を長引かせてしまいます。
Ice(冷却) 冷やして血管を収縮させることによって腫れや炎症をおさえ、痛みを和らげます。15分ほど冷やし、45分ほど休んだらまたあてる、という手順を繰り返します。冷却スプレーを長時間噴射すると凍傷のおそれがあるので、氷嚢などを使いましょう。
Compression(圧迫) 適度な圧迫を患部に加えることで腫れをおさえます。圧迫のしすぎは血流をさまたげ、むしろ症状を悪化させてしまうので、患部の色が変わらない程度、本人がきついと感じない程度にしましょう。
Elevation(挙上) 患部を心臓より高くあげることで血液やリンパの流れを促し、
腫れをおさえます。
それぞれの頭文字を取って「RICE」処置!

ケガをしてからの24~72時間ほどは、RICE処置を意識するといいでしょう。きちんと処置すれば、ケガの治るスピードは大きく変わります。当院のスポーツ外傷治療の効力もアップしますので、ぜひこの機会に「RICE処理」のことを覚えておきましょう!